パート主婦がギャンブルでカードローンを使わざるを得なくなった理由

ある日、旦那の浮気が発覚し、それを機に趣味程度に収まっていたギャンブル熱が加速。パチンコ、競馬、競艇、来る日も来る日もギャンブルに熱中する日々が続き、ついには生活するのに必要なお金にでも手を出してしまいました。

無理のない範囲のギャンブルでストレス発散していたけど…

趣味は学生の頃からギャンブル。とはいっても使うのは無理のない範囲で、月1万円に満たない時も少なくはありませんでした。パートで稼いだお金を費やしているので、生活には全く支障が出ません。勝った時にはおかずが一品増えたりもしていました。

しかし、そんなちょっぴり刺激的でありながら、でも平穏な日常を過ごしていた私に、人生を狂わせるような出来事が起こりました。旦那の浮気です。

スマホを肌身離さず持ち歩くようになり、ラインやメールの通知方法がバイブからサイレントモードに切り替わっていました。理由を聞いても「気分」という一言のみ。ある夜、寝入った旦那の指を使い、スマホの指紋認証を突破すると、そこには浮気の証拠が生々しく残されていました。

裏切られた怒りと悲しみはギャンブルに向かいました。面と向かって糾弾するだけの勇気や覚悟がなかったのです。ギャンブルに注ぎ込む金額が目に見えて増え、このままではまずいとは思いながらも、私にはその衝動を押しとどめることはできませんでした。

気付けば、コツコツ貯めていた貯金までギャンブルに注ぎ込んでしまっていました。その時になってようやく、私はまずい流れに乗っていることに気付きました。いくらなんでも口座からお金が減っていれば旦那も気付きます。私はそれを補うための方策を講じ始めました。

ギャンブルで消費した貯金をカードローンで補いました

最も手っ取り早く、かつ誰にも知られることなくお金を調達できる方法はカードローンでした。数あるカードローン会社の中から、私はアイフルの「レディースアイフル」を選びました。女性専用というところが魅力的でした。

借入理由にギャンブルとは言えないので、無難に生活費とすることにして、電話をかけました。理由を深く追及されることはなく、すぐに審査に移りました。

40万円の借入を希望した結果、融資を受けられることになりました

案外あっさりしたものです。身分が証明できるものは提出しましたが、パートでの収入を証明できる書類は一切出していません。ありがたいはありがたいですが、ギャンブルと同様、使い方を間違えればすぐに袋小路に追い込まれそうな恐怖が付きまといます。

全てはウェブ上で完結しました。スマホを見られてもバレることはないでしょう。もっとも、バレても浮気よりは大分ましな気がしますが。お金の問題がひとまず解決し、冷静になった私は、今度は旦那への対応を考え始めました。

離婚が成立して慰謝料でローンを完済しました

それから半年後に離婚は成立しました。不貞の事実を旦那は渋々ながらも認めましたが、離婚の申し出には当初、頑なに応じようとはしませんでした。しかし、私の覚悟が変わらないことを察したのか、やがて態度は変化していきました。

幸い、カードローンのことが旦那、いえ元旦那にバレることはありませんでした。離婚の協議自体は円滑に進みましたからね。使い込んだのは元々は旦那のせいだったのでバレてどうこうなることはないでしょうが、余計な火種は持ち込まない方が得策です。

たんまりとはいかないまでも、慰謝料もいくらかもらいました。ローンを完済し、それでも余りが出るくらいには。半年経っても返済が完了していないことに若干の焦りと不安を感じていたところだったので、タイミングとしては丁度良かったです。

これを機にギャンブルは止める心積もりです。あまり無駄遣いはできませんからね。カードローンも、便利ではありますが使わないに越したことはありません。これからの人生、なるべく利用しないような人生を歩みたいものです。