どうしても結婚式が挙げたくてカードローンを利用してみた

どうしても結婚式がしたい私と、費用面で式を渋る旦那さん。両親は本人たちの意向に任せると放置状態。旦那さんを説得するために、私はカードローンで費用の補てんを図ることにしました

結婚式に後ろ向きな旦那さんに納得してもらうために…

一生に一回なんだから、すぐにしなくても別に構わない。というのが旦那さんの言い分。結婚式には決して後ろ向きではないけれど、今は他のことにそのお金を使うべきというスタンスを彼は取っています。

今後生活を共にする相手としては頼りになりそうな判断基準ですが、もっと夢を大事にして欲しいところです。特に女性の夢に関して。できるだけ年齢が若いうちに結婚式を挙げておきたいところですよね、やっぱり女性としては。

しかし、費用が掛かりすぎるのもまた事実。それなら家具を揃えたり、今後できるであろう子供のために貯金をしておきたいという旦那さんの考えも分かります。分かるのですが、やはりそれとこれとは話が別です。

両親(特に母親)はある程度なら費用は出すと言っていますが、全てを負担してもらうのはさすがに申し訳ない。私個人の貯金もあるにはありますが、心許ないにもほどがあり、これでは旦那さんを押し切ることはできないでしょう。

散々思い悩んだ末、私はカードローンでお金を工面することにしました。挙げてしまえばこっちのもの、お金はなんとかなりますが、時間はどうやっても戻せないのです。私はスマホの操作を始めました。

旦那さんに内緒で結婚式のためにカードローンを申し込み

旦那さんに内緒でカードローンを申し込むのは、さほど難しいことではありませんでした。ウェブだけで全ての手続きが完結しますし、スマホさえ覗かれなければ、誰にもバレることなくお金を借りることができます。

利用したのはプロミスでした。特に理由はありません。ネットで検索し、一番に目に付いたのです。検索条件に挙がりやすいサイトというのは、やはり信頼性も高いと、個人的には考えています。

借入申請額は150万円でした

結婚式の総額費用には足りませんが、その分は両親に頼むことにします。さすがに全額を私ひとりで払うとなると、金額が多くなりすぎて手に負えません。150万円でも十分に多いですが、それが私なりのギリギリのラインでした。

正社員として働いていることもあり、収入証明書を提出して申請は通りました。カード発行はなしで、口座振替による融資を選びました。最初から最後までウェブ上で手続きを済ませることができるからです。

この資金と家族から集めた資金を合わせて、旦那さんに提示しました。初めは渋っていた彼も、よほど私が結婚式を挙げたいという想いに駆られていることが分かったのでしょう、最終的には挙式を了承してくれました。

結局バレたけど結婚式はできたから大満足です

結婚式も無事に終え、数ヶ月経った頃、私は式のためにカードローンを利用したことを旦那さんに話しました。夫婦の間で秘密はなしっこですからね。彼は呆れているか怒っているか分からない表情をしていましたが、自分の中で折り合いをつけてくれたのか、結局はその隠し事を許してくれました。

少なくとも、ローンを返済しきるまでは私も働こうと思っています。子供ができたら分かりませんが、その時までには完済できているでしょう。旦那さんも返済に協力してくれることになったので、予想よりも大分早く返しきることができそうです。

結婚式の資金でカードローンを利用する人は多いのではないでしょうか。後回しにして良いものではありませんからね。なるべく自分のお金でした方が良いでしょうし、カードローンの利用を推奨するわけではありませんが、いざという時の助けにはなります。結婚式を挙げられて、本当に良かったです。